歯を失ってしまった方へ

歯を失ってお困りの方に、
最善の選択肢をご提案いたします。

歯を失うデメリット

歯を失われた方は、「重度の虫歯や歯周病」で歯の修復が不可能になってしまったパターンと、何かしらの圧力や衝撃によって歯が根本から折れてしまった「歯根破折」の2つのパターンに分けられます。
失った部分を放置しておくと、隣接する歯が動いて傾いたり、その歯と咬合する歯が影響を受け、かみ合わせのバランスが崩れてしまい、顎関節に痛みを伴う場合があります。また、余計な負担が歯にかかることで歯を支えている骨が溶けてしまうこともあります。

歯を失った方の治療法

歯を失った方の治療の選択肢には「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」の3つがあります。

ブリッジ

ブリッジとは、かぶせ物の一種で、失った歯の両隣にある歯を削って土台を築いて、橋を架けるように欠損部に人工歯を入れる治療法です。
安価で見た目がよく、機能面においても優れた治療法です。多くの歯科医院で対応されており、症例実績も数多くありますが、一度付けると取り外しができません。
また、歯の症状や状態により、施術できない可能性もあります。まずはブリッジが施術可能かどうか判断を下し、できない場合はほかの治療法をご提案いたします。

入れ歯(義歯)

入れ歯には、歯をすべて失ってしまった場合に使用する「総入れ歯」と、何本かの歯を失くしてしまった場合に使用する「部分入れ歯」の2種類があります。
保険適用内でできるプラスチック素材の入れ歯は低予算で作製でき、修理も簡単にできますが、厚みが出やすいので人により強い違和感を覚えたり、話しづらかったりするデメリットもあります。
自費の入れ歯には、金属のバネを使用しないため審美的に優れ、高いフィット感を得られる「アタッチメント義歯」をはじめ、患者さまのご要望に沿っていくつかの種類の中から選択することができます。
入れ歯はブリッジと違い、取り外して定期的なメンテナンスを行う必要があります。

インプラント

歯を失ってしまった際の治療法として、ここ近年インプラント治療が注目されています。顎の骨にチタン素材のスクリューを埋め込み、それを歯根の代わりにしてその上から人工歯を入れる治療です。
歯が欠損した部分だけを補えるので、両隣の歯に負担がかからず、歯を長くもたせることができます。お手入れも簡単で、自分の天然の歯と同様にブラッシングでケアすることができます。
また、自分の歯と同じように力強く噛むことができるため、これまで通り違和感なく、食事を楽しむことができます。さらに仕上がりが自然で、天然歯と見間違いするほどです。
ただし、人によってインプラントを埋め込む顎の骨の厚みや身体状況はまちまちです。治療が難しいケースもありますので、インプラントを検討されている方はまずは当院にご相談ください。

インプラントが不安な方へ

手術をして歯を埋め込んでいく…。そう聞くと、「痛そう」「怖い」といった不安も出てくることでしょう。
しかし人工関節を骨に埋め込む治療など、整形外科分野ではすでに数多くの実績を挙げています。人は昔から失ってしまった体の一部を人工物によって補うことを考え続けてきました。医学の世界でこうしたことは常識になっており、それは歯においても同じなのです。
インプラントは40年以上にわたる臨床実績があり、当院でも創生期から20年を超える実績があり、骨移植は外部からお招きした専門医が院内の手術室で行いますので、安心して治療いただけます。

ケース別治療法

症状

1本の歯を失った場合

歯を失くした部分に1本埋め込む、インプラント治療の中で最も一般的な方法です。ブリッジと違って両側にある歯を削らずに済む上に、しっかり噛めるので、歯茎にとってよい刺激となり、顎の健康にもつながります。

複数の歯を失った場合

歯を複数失った場合、通常は部分入れ歯を用いますが、部分入れ歯は支える歯茎に負担がかかります。インプラントの場合は、インプラントを支えとして固定タイプのブリッジを用いることができます。

すべての歯を失った場合

総入れ歯ではなくインプラントを用いれば、インプラントのヘッド部分を入れ歯と連結して固定できるため、従来のように入れ歯が外れてしまうこともありません。また、インプラントにマグネットの磁力を利用する入れ歯の固定法もあり、近年注目が集まっています。

骨の少ない方

長期間、入れ歯を着用したことで歯周病にかかり、顎の骨が痩せてしまっている方がいます。そのままの状態でインプラントを埋め込むことは難しいのですが、下記のような治療を行うことでインプラント治療が可能になります。高度な歯科医療技術であるため、対応している歯科医院は限られますが、当院では治療が可能です。

治療方法

ソケットリフト

上顎の奥歯の骨の上には空洞があり、そこにある洞底線と呼ばれる部分が人により下方まで達していることがあり、インプラントを埋め込むために必要となる骨量が確保できない方がいます。ソケットリフトはそれを解決する骨増成法の一つです。

サイナスリフト

顎の骨がきわめて少ないときに行う方法です。
上顎洞から上顎洞粘膜を剥離し、そこにできたスペースに対して、人工的な骨やほかの部分から採取した自分の骨を移植することにより、上顎洞底線の位置を上げて、インプラントの埋め込みに必要な骨の厚さを確保します。

GBR

顎の幅または厚みが足りないときに行う方法です。
膜で骨の不足した部分を覆うことで、骨を生成するスペースを確保して、骨のとなる物をその中に詰めて、骨の再生を促します。

  • クリニックブログ
  • 歯科矯正専門医 Dr.宮井敏の 歯科・歯列矯正相談室
  • クリニックブログ
  • 歯科矯正専門医 Dr.宮井敏の 歯科・歯列矯正相談室
  • お気軽にお問い合わせください 092-942-3688
  • メールのお問い合わせ
  • bnr_tel_sp.png
  • メールのお問い合わせ